容量無制限

ケチなことはしません

「商用利用も無料」などは、わざわざ商用利用だけを有料にする必要はないという考えですみますが「容量無制限」については、そういう考えでは無理です。
当然ですが容量を無制限にするためには、それなりにサーバーを増強しなくてはなりません。しかし、それでも利用者によろこんで利用していただくことが一番だと思いますので容量を制限するようなケチケチした考えはしないことにしました。
当初は考えました。無料のサーバーで容量無制限といいますと、よくあるのが内容に問題がなければ100MBづつ増量というものです。しかし、これでは一度に数百MBのサイズのファイルをアップロードする必要がある場合や、暗号化したファイルなどの管理者が内容を確認できないデータなどが大半を占めている場合などでは無理なことです。どうせ容量を追加してくれるのだったら、最初から無制限でいいじゃないですか!

ムダなことはしません

無料サーバーでも最初から容量無制限のサーバーもまれに存在します。
しかし、容量無制限といいながらもそのほとんどはファイル1つあたりサイズに制限があります。一般的に通常のHTMLファイルや画像ファイルなどでは制限されるほどのサイズはありませんから、制限されるとしたらファイルをダウンロードできるようにして公開している場合です。でもダウンロードできるようなものはファイルが分割できるようなものばかりですので多くの場合は結局はいくつかのファイルに分割して公開することになります。ファイル1つあたりのサイズを制限するというのは、ファイル倉庫になることを避けるためにしているのでしょうけれど、これではなんの意味も果たしていません。これでは利用者が不快に感じるだけです。
ということで、ファイル1つあたりのサイズを制限するようなこともしないことにしました。

どうぜなら転送量の制限もなくそう

せっかく容量制限がなくても転送量に制限があっては快適にサイトを公開することはできません。
ということで、転送量の制限もなくしました。
ただし、当サーバーが利用しているNTT東日本の回線に転送量の制限があるので完全に制限しないということは不可能です。当サーバー全体の転送量がその制限に近づいたらある程度の制限をする可能性がありますのでご理解ください。ですが、過去に制限に近づいたことは一度もないので気にする必要はないかと思います。